HOME  >  ブログ  >  廊下と縁側

2019.07.11

社長ブログ

廊下と縁側

廊下と縁側は「遊びの空間」とも言われて、あってもなくても

よい空間です。

そういえば現代の家では「廊下」は少なくなったように思います。

かくいう私もあまり廊下を造らない家づくりをしています。

人が通過するだけのところですから、その面積を部屋として使った

方がいい、また廊下を設けないことで採光や通風を取りやすくなる

といったメリットがあります。

しかし、廊下があってよかったと思われることもあります。

生活の音や臭いを遮ってくれたり、プライバシーの確保ができます。

また作りようによっては通路に沿って収納スペースを設けることも

できます。

廊下はあってもいいのですが、少し広くとって共用スペースとした方

が使い勝手は広がると思います。

これも人それぞれのライフスタイルです。

DSC_4377a.jpg

昔の家には多くの家に縁側がありました。

半分外のような空間で日向ぼっこや雨の日の物干し場、子供の遊び場、

来客をもてなす場などとして重宝されました。

今、縁側のある家を新築した人はどれくらいいるでしょう。

ある大学で学生に「家の中で一番印象の残っているのはどこか」という

アンケートを実施したところ「縁側」というのが一番多かったそうです。

どうやら、田舎に帰省した時にあった縁側が印象に残っていたようです。

今では縁側は贅沢な空間なのかもしれません。