HOME  >  ブログ  >  内窓の効果

2019.11.18

社長ブログ

内窓の効果

DSC_9768.JPG

前回は既存のサッシの上からカーバーする方法のサッシを

紹介しましたが、これは内窓と言われるものです。

メーカーさんの名前でいうとインプラス、プラマードです。

今付いているサッシをそのままの残して内側に新しく樹脂製

のサッシを取り付けます。

この部屋は和室なので障子調の内窓にしています。

枠が樹脂製でガラスはシングルガラスとペアガラスがあります。

和室の場合は内障子の代わりという感じで取り付けできますが、

普通の洋室ではガラス戸が2重になります。

「2回の開閉が面倒」という人もいますが、これが一番断熱性、

遮音性に優れているように感じます。

サッシとサッシの間の空気層が大きいからだと思います。

DSC_9766.JPG

これは新設した一般的な樹脂複合サッシです。

サッシをペアガラスに変えたり内窓を付けたりすると

遮音性は高まります。

雨の音が聞こえなくなりました。

DSC_9764.JPG

階段はオープン階段にしています。

開放的な感じになります。

電気のスタンドを置くつもりです。

他のものでもいいですが、埃は落ちます。

階段下は収納にすることが多いですが、オープンにすると

少しゆったりします。

DSC_9770.JPG

2階の踊り場にある階段手摺です。

細くして開放的にしましたが、小さなお子さんがいる家では

転落の危険があります。