HOME  >  施工事例  >  二名平野の家

玄関
玄関
葺き下した瓦を使ったアプローチ
葺き下した瓦を使ったアプローチ
門の新築
門の新築
縁側で将棋を楽しまれているそう
縁側で将棋を楽しまれているそう
縁側
縁側
座敷
座敷
客間
客間
居間
居間
玄関
玄関
耐力格子壁で風と光が通るように
耐力格子壁で風と光が通るように
キッチン
キッチン
掘りごたつのある茶の間
掘りごたつのある茶の間
書斎
書斎
二階リビングスペース
二階リビングスペース

古民家再生 二名平野の家

家の本来の良さを活かし、より強く、より快適に…こだわりの詰まった築100年以上の古民家再生

 

石場建て、土壁に差し鴨居、正真正銘の伝統工法の築100年以上の古民家。

そんな、伝統工法の粘り強さを活かす構造補強と家本来が持つ構造の美しさや建具などの意匠性を活かしながら、

現代の住まいの快適性をも踏まえた設計・施工を行いました。

 

 

 

外観は壁板の張り替えと漆喰の塗り替え、戸袋の作り替え、網戸の新設、屋根瓦の土を降ろして新しい瓦(桟葺き)で葺きなおしました。

古い瓦は、外構のアプローチや土留め、砂利見切りなどに有効活用しました。

 

 

 

お客様を迎える門は、新たに新築しました。

数寄屋門をモチーフとした、車も通ることのできる門です。

 

 

 

 

家の本来の良さを活かした設計・施工を

 

 

 

 

こちらの家の状態の良さ意匠性、大断面の古材に惹かれ新たにご購入されたT様。

家の良さを活かすため、古建具の調整や新たな建具も古建具のデザインに調和させるなど意匠に配慮しました。

また、田の字の和室や玄関などの壁は以前の趣を残すよう、石膏ボードで柱・梁を隠さず、全て塗りなおし、

新たに壁を作った部分は、家の構造の特性に配慮し昔ながらの土壁を施しました。

畳は本床の畳に新調、床は桧や杉の無垢板に張り替えました。

 

 

 

 

 

暗く圧迫感のあったキッチンが明るく風通しの良い空間に

 

 

 

 

土壁により空間を仕切られていた、キッチンは暗く圧迫感がありました。

「この壁を抜いて一体的にしたい。」とのご要望から、土壁の構造強度を保持しながら、光と風を通す格子壁を新たに施しました。

 

 

キッチン横にはパントリーを新たに設けました。

 

 

3mを超える格子壁と桧のオープン階段は大工さんの力作です。

 

 

 

 

立派な梁を表しにした開放的な天井ながら、快適性も両立

 

 

 

こちらの家の一番のお気に入りとも仰っていた2階の大断面の梁のある空間。

以前は物置としての空間だったそう。

母屋や棟木まで古材を表しにしながら、断熱材を新たにしっかりと施工しました。

古材に併せて石膏ボードを加工しています。

 

 

 

床と天井に断熱材を新たに施し、壁は板材を張り替えました。

夏は涼しく、冬は暖かいとのこと。

土壁の夏の涼しさが活き、冬の暖気の天井からの逃げを防げたのでしょう。

近くにお住いのご家族も良く来られるあたたかな住まいとなりました。