HOME  >  ブログ  >  和瓦

2019.06.24

社長ブログ

和瓦

 

リフォームで瓦の葺き替えをしています。

それほど古くなっていたわけではないですが、増築などもあり

葺き替えることにしました。

葺き替えたのにはもう一つ理由があります。

土葺きから桟葺きに変えています。

屋根の重量を少しでも軽くするためです。

構造計算上、土葺きと桟葺きでは筋違の数などが変わります。

これが瓦ではなく流行りのガルバリウムなどでしたら、もっと

少なくできます。

しかし、この地域は風致地区に指定されているので和瓦以外を使う

ことができません。

この風致地区ですが、家を建てる人にとってはほかの屋根材を選ぶ

ことができませんが、制限があるがために景観が守られています。

この瓦は朝鮮から伝わったようですが、もとは寺社仏閣や蔵などに

使われる本葺き瓦でした。

あの丸い筒状の瓦が上から下までならんでいる瓦屋根です。

今の甍(いらか)模様の瓦は日本人が考え出した瓦です。

この和瓦はやっぱり根強い人気があります。

風致とかに関係なく「屋根は和瓦」という人もいます。

実際耐久年数も長く実績があります。

もし、日本にはこの和瓦しかなかったとしたら日本の町並みはもっと

きれいになっていたかもしれません。