HOME  >  施工事例  >  橿原の家

釘隠し
釘隠し
欄間
欄間
外観
外観
造作のキッチン収納
造作のキッチン収納

リフォーム古民家再生 橿原の家

築約45年の昔ながらの日本家屋を”強く” ”快適に”

築45年の昔ながらの日本家屋は建具で仕切った間取りには壁が少なく、耐震性に不安が。

冬の寒さや水回りが外にある配置など、暮らしにくさの解消と合わせて気密性・断熱性・耐震性の改修をしました。

玄関部分はポーチ部分から段差を分割してゆるやかに、

そして広さも拡張し、出入りがしやすいよう計画しました。

 

また意匠にもこだわりました。

柱や天井の竹竿縁は以前から使われているものを再利用。

玄関収納の扉には網代と竹を使用したオリジナルデザインで仕上げました。

 

玄関を入った正面の格子壁は階段部との仕切りと耐力壁の役割を兼ね備えています。

光と風を通しながらもゆるく視線を調節します。

和室二間は壁を塗り替え、天井を張り替え、畳も交換し、装いを美しく。

既存の雪見障子と同じものを新たに制作し、追加しました。

欄間はアクリル板を貼ることで、冷暖房の効率を下げない工夫を施しました。

ひのきの回り階段に架け替えて段差もなだらかに、

大工の手による六角の手摺も備え、上がり降りも安全にできます。

高齢のお母様の部屋を玄関近くに配し、屋内に新たに設けたトイレや浴室への動線も確保しました。

新しく入れた建具は建具職人によるオリジナル建具。

和室の柱部分には釘隠しが施されました