HOME  >  施工事例  >  優しく分ける部分共有型二世帯住宅 尼崎市

外観
外観
木製格子
木製格子
玄関
玄関
2階リビング
2階リビング
洗面
洗面
トイレ
トイレ
1階和室
1階和室
DK
DK
書斎
書斎

新築 優しく分ける部分共有型二世帯住宅 尼崎市

自然素材に包まれた家族に優しい二世帯住宅

以前の住まいが大型台風で瓦が飛ぶなどの被害にあったのをきっかけに、老朽化や耐震性などへの不安もあり、二世帯住宅へ建て替えることになりました。

大切にしたのはお互いの生活を尊重しあい、程よい距離感を保ちつつ、家族のつながりを感じられる暮らし。

天然乾燥させた吉野の木で構造を組み上げ、床や家具、建具にも無垢材を、壁や天井は漆喰やコットンクロス、和紙といった自然素材をふんだんに使用したお家になりました。

 

玄関土間スペースは造作の収納や間接照明によって和の趣きのある上質な空間になりました。

 

玄関には木製の格子を設け、外観のアクセントに。

オープンな外構ながらも程よい目隠しの役目も果たしてくれます。

 

2階リビングは高い天井と景色のいい大開口から実際の広さ以上の解放感が得られます。

 

お気に入りのタイルをあしらい、収納を造作した洗面化粧台。

小物を乗せる台はタイルが隠れないよう、ガラス製を採用しました。

 

2階のクローゼットの一角にはワークスペースを設け、回遊性のある間取りでスムーズな動線を確保しました。

 

 

親世代の住む1階は将来のことも考えてコンパクトに。

リビングは設けず、キッチン・ダイニング・和室と二世帯共有のバスルームをレイアウト。

 

和室の一角にはコンパクトながらも本を読んだりパソコン作業をしたり、お父様の書斎スペースを。

 

手洗い鉢も家族で選んだものを。