HOME  >  ブログ  >  不動産業界

2019.07.18

社長ブログ

不動産業界

 

住宅市場に占める中古住宅の割合はアメリカやイギリスでは

80%にも達するのに比べて日本は36%くらいと言われます。

日本は「新築信仰」のようなものがあります。

誰しも中古より新築がいいと思います。

また、空き家率も欧米諸国に比べて日本は高いです。

何が原因かと言われると上記の新築信仰もありますが「不動産仲介

業者さんが悪い」という人もいます。

これはある人のブログで書かれていたのですが、

不動産仲介業者は仲介の際、宅地建物取引業法で定められた手数料に

従って報酬を得ることになっています。

報酬額は仲介価格を算定の基準にするので高額物件の方が報酬は大きく

なります。

「なるべく時間をかけずに高値で売りたい」のが本音です。

これに関しては、不動産関係の方からお叱りを受けたそうですが。

確かにそうかもしれませんが、真摯に業務をしている業者さんもいること

でしょう。

しかし、私も仕事柄不動産屋さんとかかわることがありますが一部の業者

さんで「余計な仕事はしたくない、こちらの不利になるようなことは言っ

てほしくない」といった態度が見え見えのこともあります。

当社も古民家のリフォーム工事はしていますが、不動産屋さんがリフォーム済み

で販売していることもあ多々あります。

中古住宅を購入してリフォームをして販売するという形です。

ここで社名は出しませんが、全国的にも販売を伸ばしている会社もあります。

しかし、「不動産査定・売却の評判」を見るとあまり評判はよくありません。

そこには購入された方から、査定をお願いした人、そこでリフォームをしたことが

ある業者さんからのクチコミまで掲載されています。

確かにこの形でのリフォーム工事は私もあまり賛成できません。

リフォーム済みの家は確かにすぐに引っ越しができて便利かもしれません。

また、煩わしく感じる人にとっては打ち合わせも必要ありませんしお任せの方が楽と

感じるかもしれません。

しかし、実際に要望を伝えたうえでリフォームしてもらうのが本来の形だと思います。

そしてリフォーム工事の最中は現地で確認しながら進めてもらうのが本来の形だと思

います。

特に古民家は解体してみないとわからないことが多いです。

悪い見方をすれば簡単に済ませることもできます。

不動産屋さんが紹介してくれた業者さん、リフォーム済の物件を施工した業者さんは

不動産屋さんの味方です。

そこから仕事をいただいています。

元請けさんの不利になるようなことは言ってくれないと思います。

実際、リフォーム済みの物件を見させてもらったこともありますが、お世辞にもいい

仕事がしてあるとは言えませんでした。

もちろん予算の都合もありしたくてもできないといった理由があるのかもしれませんが、

それも施主さんが納得した上でのことなら致し方ないと思いますが、知らないのはよく

ないと思います。

この業界は一般の消費者の方にとってはわからないことが多すぎます。