HOME  >  ブログ  >  六社会

2019.08.27

現場から

六社会

輪和建設の戌亥です。

昨日今日とエアパスグループの研修で、福井県の株式会社 武笠様のところへ行ってきました。

同じ工法で家づくりをしているのですが、エアパスグループの各社さんそれぞれ営業や設計・現場管理の方法が違い勉強になりました。

当たり前にしていたことが他社では違った方法をとっていたり、普段の業務に関わる部分でもいいと思ったことは取り入れていこうと思いました。

また、私自身奈良出身のため、木材と言えば吉野!という思いがあり、日本三大美林の吉野・尾鷲・天竜はいい杉や桧がとれるブランドイメージがあります。

しかし、エアパスグループで各地の工務店様と話してみると地域ごとに地産地消を掲げて地元の木材に誇りを持って仕事をされています。

考えてみれば日本の約7割が山林ですので、各都道府県で木材が取れるのは当たり前ですよね、、、

吉野の木材というブランドイメージに縋るだけでなく、なぜ吉野の木材がブランドとして扱われるまでになったのか今一度勉強しなおさないといけないと思いました。

写真は武笠様の展示場です。

内部は力強い松の太鼓梁がかけられており、奈良では松はなかなかとれないので、新鮮でした。

IMG_20190826_133237.jpg

IMG_20190826_133730.jpg