HOME  >  ブログ  >  蝙蝠の形をした釘隠し

2018.08.4

古民家ブログ

蝙蝠の形をした釘隠し

IMG_20161003_105754.jpg

先日おお伺いした家ですが、ふと目についたのが

コウモリの形をした釘隠しです。

普通の民家ではめったに使われていないと思います。

鹿児島県の仙厳園(島津家別邸)にも使われています。

釘隠しとは柱や吊り束と長押が交差する部分に打ちと

めた大きな釘の頭を隠すための金属や木でできた装飾品

のことです。

どうしてコウモリの形をしているのか思って調べてみると

「蝙蝠」は福の字に似ているので中国ではおめでたい生き物

とされてきました。それが日本にも伝わったとのことです。

この釘隠しは福を逃がさないように留め置くという意味で

逆さにして付けてある家もあるようです。