HOME  >  ブログ  >  鑑定・床下診断・耐震診断

2018.12.22

古民家ブログ

鑑定・床下診断・耐震診断

DSC_8872.JPG

今日は、吉野で床下診断と耐震診断をさせてもらいました。

こんな幟もあります。

DSC_8871.JPG

床下の空間が低くて、人ではちょっと無理そうです。

DSC_8868.JPG

床下の状態をパソコンの画面で確認できます。

施主さんも一緒に興味深そうにご覧になっています。

床下が低くて通気が悪いためか若干の蟻道が見受けら

れました。

腐朽箇所もところどころにあります。

意外なところで、給水管からの水漏れも発見できて早め

に対処できそうです。

DSC_8876.JPG

耐震診断の感振機です。

1台は2階の床や小屋裏に設置し、もう1台は地面に設置

します。

DSC_8880.JPG

地盤は感じ取ることはできない振動をしています。

その振動に対して家がどのように揺れているかを測定し耐震性

を測るものです。

波形を見ることでこの家が伝統的な構造の建物か、在来工法の

建物かをある程度判定できます。

今回は静かなところで、地盤の震動もごくわずかでした。

速報ではやや耐震性に劣るようです。

こちらの家では、古民家の鑑定と床下診断、耐震診断をセット

で行わせてもらいました。

家の程度や床下の状態、耐震性を確認することができます。

この調査で、防蟻処理の必要性の有無や耐震性の程度により

耐震改修計画を建てることができます。