HOME  >  ブログ  >  和室を耐震補強

2019.04.13

古民家ブログ

社長ブログ

和室を耐震補強

DSC_0346.JPG

和室の続き間を耐震補強する施工前の写真です。

DSC_1830.JPG

こちらが補強後です。

2間、引違の障子4本分の開口がありましたが、

3尺 障子1本分の大きさの格子壁を造りました。

普通の壁にしてもいいのですが、光を取り入れるために

格子にしています。

和室の多い家は壁が少ないので耐震的に不利です。

それを耐震補強しようとするとその和室に壁が増えること

が多くなります。

和室は壁が増えるといろんなところに支障が出ます。

まず、雰囲気が変わります。

壁が増えるということは今まで建具であったところが壁にな

るので大きく開けることができなくなります。

写真の場合、4本の障子だったところが3本の障子になります。

建具は再利用できますが、敷居と鴨居は2本溝から3本溝に取替

です。

また欄間があります。

2本ずつ付いていた欄間障子が2本だけになります。

木製の欄間は間仕切りにあった欄間を流用しています。

可能ならば和室以外の部屋で補強できればいいのですが、バラン

スよく壁を配置するには和室を避けることができません。