HOME  >  ブログ  >  1.17

2020.01.17

スタッフブログ

1.17

輪和建設の福井です

 

阪神・淡路大震災から25年が経ちました。

当時滋賀県にいたのですが、激しい揺れで目を覚ましたのを覚えています。

お住まいの耐震性について気になるところですね。

 

建物の強さを表す耐震等級については3段階に定められています。

 

耐震等級1・・・建築基準法で定められた最低限の耐震性能。

震度6強から7に相当する、数百年に一度起こる大震災に耐えうる強度。

 

耐震等級2・・・耐震等級1の1.25倍の耐震強度。

災害時の避難場所として指定される学校や病院などの公共施設に求められる強度。

 

耐震等級3・・・耐震等級1の1.5倍の耐震強度。

災害時に救護活動・災害復興の拠点となる消防署・警察署に求められる強度。

 

輪和建設では全棟「長期優良住宅」を標準仕様としています。

この他にも国交省が定める「長期優良住宅」の基準では断熱、維持管理対策、劣化対策といったさまざまな住宅性能が求められますが、それぞれの基準をクリアするだけではなく、いずれの性能に関しても全て最高等級を標準としています。

 

事業内容