HOME  >  ブログ  >  手刻みの仕事

2020.10.5

スタッフブログ

現場から

手刻みの仕事

輪和建設の森下です。

 

小泉の家の刻みも最終段階に入りました。

土台から始まり、桁・母屋・柱と刻んでいきましたが、一本一本作業が進んでいくにつれて、建て方が楽しみになってきました。

 

材料は、大工さんが墨付けしたものを刻んでいきます。どういう墨付けをするのか自分でも理解しながらやってみるのですが、まだまだ自分には難しく、さすがだなと改めて感心します。

 

工場での仕事はあと少しですが、現場入りしてからもしっかり気を引き締めて、お客様に満足していただけるような家造りができるよう頑張っていきます。