HOME  >  ブログ  >  室生山上公園芸術の森

2020.09.27

スタッフブログ

室生山上公園芸術の森

輪和建設の阿部です。
先日宇陀市にある室生山上公園芸術の森に行ってきました。
コンクリートやコールテン鋼といった自然とは対極的な素材も使って地面に描かれたランドスケープ作品です。
デザインはイスラエルの彫刻家ダニ・カラヴァン氏です。山の風景の中に突如現れる人工物ですが、それが違和感なく佇んでいるのが不思議です。
直線に切り取られた太陽光は、ただの光ではなくて時間も表現するものとなり、幾何学模様や線が大地に描かれた作品は、それに沿って歩くことにより自然のエネルギーを感じさせられました。古代太陽信仰につながる北緯34度32分のラインに道を描いたり、建物やベンチが地形に溶け込むようにデザインされていたり、その土地が持つパワーや特性が視覚化されています。
個人の住宅や庭にそのまま活かすことはできないかもしれませんが、その土地の特性を活かすデザインという意味では共通しているところがあるかな、と思います。注文住宅のプランやデザインがひとつひとつ異なるのは、住む人が違うからということもありますが、その土地や場所によるところも大いにあります。周囲の建物環境、風向き、方位など、その場所を見極めていくことの大切さをあらためて感じました。