HOME  >  ブログ  >  一枚板との出会い

2019.05.26

スタッフブログ

一枚板との出会い

輪和建設の阿部です。
古民家リフォーム中のお客様と一枚板を見繕いに行ってきました。
「これが、いい!」と、ご主人がひとめぼれ。値段も聞かずに決めてしまうほどの運命の出会いでした。写真は選ばれた木のひとつ、玄関の式台のケヤキの一枚板です。ケヤキは色や肌合いが古民家に馴染む材です。
そのような説明もなく、数ある板材の中から「これだ」と選ばれたご主人。さすがです。生まれた時から古民家にお住まいのご主人。感性で適格なものを選ばれました。
この一枚板を見るたびに素敵な出会いを思い起していただけることかと思います。