HOME  >  ブログ  >  リフォーム時の基礎

2019.06.16

スタッフブログ

リフォーム時の基礎

輪和建設の西川です。

現在進行中のリフォーム工事で基礎を新設しました。

大空間を梁で支えている構造でしたが、二階の外壁の角部分が1階に直接受ける壁や柱がなかったので

直下率の観点から、2階の外壁の直下に壁、柱、筋交いを新設する計画にしています。

その荷重や、引き抜き力をしっかりと地盤に伝えるのが基礎の役割です。

大空間だったため、そこには基礎がありませんでしたので、新たに新設してもらいました。

 

既存が布基礎なので、同様に布基礎を新設しています。

解体が進み、その部分の梁が垂れてきているとのことでしたので、

ここに壁を設けて正解だったなと改めて感じました。