HOME  >  ブログ  >  ヨガと薬膳おやつ

2020.06.16

スタッフブログ

ヨガと薬膳おやつ

中西春代です。

本日午後は、『ヨガと薬膳おやつ』の時間でした。

 

今回は、梅雨の体調管理について教えていただきました。

湿度が高くなると体内にも余分な水分が溜まりやすくなるそうです。

また、脾の働きも低下しやすいので、だるさ・胃のもたれ・むくみ・食欲不振・等の症状が現れやすくなります。

そこで、アンシー先生の指導の下、ツボを刺激して身体を緩めて全身の気血水のめぐりをよくするヨガをしました。

身体がすっきりとして姿勢がよくなり視野が開けた感じです。

 

薬膳おやつでは

☆黄耆(漢方薬)入りのはと麦とズッキーニと鶏肉のスープ

☆小豆とかぼちゃのようかん

をいただきました。

 

黄耆は胃腸虚弱による体力不足を回復して免疫力を最良の状態で働かせてくれるそうです。

利尿作用や汗の調節にもよいそうです。

ナイスな黄耆です。

 

小豆とかぼちゃのようかんは、デーツ(ナツメヤシの実)で甘みを出されていました。

自然な甘みでとてもおいしかったです。

このデーツは、紀元前6000年から栽培され、貧血・ストレス緩和・便秘やむくみの解消・太りやすいなどの効果があるそうです。

なんて嬉しいデーツでしょう。

 

講座の後は、ヨガのアンシー先生と個人的にお話をさせていただくのですが、今回はコロナ後の波動について盛り上がりました。

たのしかった~!

皆様、機嫌よく暮らしましょう。