HOME  >  ブログ  >  働かないアリ

2020.01.22

社長ブログ

働かないアリ

 

今新築工事をさせてもらっている現場です。

左官屋さんが5人ほど外壁の下塗りをしています。

ずいぶん多いです。

別にこの職人さんたちが怠けているというわけでないですが、

 

「働かないアリに意義がある」というコミックエッセイです。

アリだって疲れるし、休みます。

というか、働きアリの大半は休んでいます。

それでも彼らは食べ物を分け合って一緒に暮らしています。

これはサボっているわけではなくて、仕事があることに気が

つかないのです。

仕事に対する取り組み方はアリそれぞれで、人間の世界も同

じです。

バリバリ働くアリもいれば、早めに引き上げるアリもいれば、

大事な会議を忘れているアリもいます。

人の世界では働かないものへの風当たりは強くなりますが、

アリの世界では働かないものにも意義があります。

働き者ばかり集まっているとみんなが同じタイミングでダウン

してしまいます。

そこで、働き者でないものが混じっていると、誰かが疲れて

しまってもそれまで休んでいたアリたちが代わりに働くこと

ができます。

常にだれかが働くことで仕事を回すことができます。

 

野球の試合に例えれば、

選手全員が試合に出ていれば、ケガはできません。

ベンチに控えがいるから安心して試合ができます。

 

小さな工務店では・・・・・ですね。