HOME  >  ブログ  >  新年が始まって

2018.01.6

社長ブログ

新年が始まって

寒い日が続きます。

例年より寒いのか、それとも歳のせいで寒さに弱くなったのか

わかりませんが、寒さが堪えます。

我が家では薪ストーブが活躍しています。

年末に2年ほど前に持って帰ったクヌギの木をチェーンソー

で輪切りにして薪割をしました。

普段は家を造る時に出る針葉樹の端材を燃料にしているのですが、

今年は、そのクヌギの木を燃料にしています。

やっぱり火が長持ちします。

杉やヒノキのように極端に燃え上がることもなく、ゆっくりじわじわ

と燃えてくれます。

先日、寝る前に大きめの薪を一つストーブに入れて休んだのですが、

翌朝まだ種火が残っていました。

新年が始まって初日は幸先よく、契約と現地調査でした。

朝は社員みんなで隣の古田神社にお参りに行きました。

すぐ隣にあるのに初詣は初めてです。

地元の氏神様ですからもっと早くから行っておくべきでした。

会社のある住所は満願寺町というくらいですから、昔は万願寺という

お寺があったそうです。

 

今日は、当社は営業していますが世間では3連休だったようですね。

昨日まで1月8日が祭日とは気が付きませんでした。

成人の日なんですね。

未だに成人の日は15日という気持ちがあります。

ところによっては年末から1月8日まで休みというところもあるようです。

祭日くらいはちゃんと知っておくべきですね。

私は経営者ですから休みがなくても仕方がないですが、社員が同じように

付き合わされては堪りません。

今年はとにかく残業を少なくして(本当は無くして)早く帰るように

新年のあいさつで伝えましたが、伝えてなんとかなるならとっくにできて

いるはずですから、仕事の仕方を変えるようにしなければなりません。

まずは協力業者の方に協力をお願いします。