HOME  >  ブログ  >  天然乾燥、国産材、手刻み

2018.01.27

社長ブログ

天然乾燥、国産材、手刻み

019af07826a001625a3b41398eed05842f6404fea7.jpg

木造住宅に使われる木材には「天然乾燥」と「人工(機械)乾燥」

があります。

「天然乾燥」は屋外で自然の状態で乾燥させたり、加工した材料を

屋内で乾燥させる方法で、「人工乾燥」は機械や装置による乾燥室内

での強制的な乾燥です。

今の家は高気密・高断熱になっているので「天然乾燥」では気密性が

損なわれる事があります。

また、工期短縮により「人工乾燥」が主流になっています。

天然乾燥の短所

乾燥に時間がかかる

温度・湿度に伴う寸法の増減が大きく、寸法安定性が低い

長所は、

乾燥にコストがかからない

色艶や香りを損なうことがない

人工乾燥の長所

含水率を設定することができて寸法安定性が高い

短期間で大量に乾燥材を作ることができる

短所は

乾燥のための設備や燃料のコストがかかる

色艶や香りが損なわれる

素材の劣化が見られる

木材の違いとしては国産材、外国産材の違いもあれば

プレカット(機械加工)、手刻み加工といった違いもあります。

どれも完成すれば化粧梁や柱でもなけれほとんどわからなくなる

ところですが、見えないところでこれだけの違いがあります。

明日、1月28日に完成の見学会をさせてもらいます。

この家は天然乾燥材と手刻み加工で造った家です。