HOME  >  ブログ  >  構造見学会

2018.07.13

社長ブログ

構造見学会

明後日の日曜日 7/15日に構造の見学会をさせてもらいます。

ネットで構造見学会のチラシを見ていたのですが、

見てほしいところはどの会社さんも似たり寄ったりです。

「完成後は見ることはできない」

もちろんそうです。

いいフレーズがあるとそれをまねて使うところもあります。

構造や断熱の種類、耐震等級、自然素材、長期優良住宅

など構造見学会ですから訴える部分はほぼ同じですが、耐震等級

くらいは確認させてもらった方がいいかもしれません。

今ではほとんどが等級3を確保していると思いますが。

中には柱に「国産高級桧」などと書かれているチラシもあります。

桧には1等材や上小、無節などの等級はあっても高級・中級といった

区分はありません。

DSC_0167.JPG

構造材でいうと自然素材を前面に出しているところもありますが、

メーカーさんのように集成材の強さと金物による補強が一番のよう

にしているところもあります。

このつくり方はどこの会社も同じですが、元来 木と金物は相性が

よくありません。結露による腐食を招くことがあります。

構造材や断熱材の種類は多く、それぞれメリットとデメリットがあ

ります。

一番多い集成材、これは強度があって変形収縮が少ないので扱いやすく

住んでからの瑕疵(壁のひび割れや隙間)が発生しにくいですが、接着

剤で一体にいるものですからいつまで大丈夫かはわかりません。

一方、自然素材は木そのもですから接着剤の心配はありません。

しかし、自然素材でも機械乾燥と天然乾燥の違いがあります。

これは木の色や香りで分かるのですが、皆さんは天然の木の香りと機械乾燥

した木の香りの違いが判りますか。

断熱材、これはグラスウールが多くつかわれますが、最近は吹付による断熱

材もよくみられます。

これは材質がどうこうよりも施工方法によって差が出ます。

DSC_0164.JPG

構造の見学会は使われている材料にばかり目が行きがちですが、間取りや通風、

採光といった面も参考になります。

通風や採光を考慮した間取りになっているか、反対に採光ばかりを重視しすぎて

実際 家財道具を置いて住んでみた時、壁が少ないということはないかといった

あたりも大事です。

DSC_0180.JPG

先日、安全大会で体験させてもらった救急救命の入門コース参加証

が届きました。

消防署の方がわざわざ届けてくれました。

その節はありがとうございました。