HOME  >  ブログ  >  日本のプール

2018.07.22

社長ブログ

日本のプール

暑い日が続きますが、夏といえばプールです。

私は今もスイミングに通っていて、2年ほど続いていますがここ

数日はプールの水まで生暖かく感じます。

プールといえばほとんどの小学校・中学校には設置されています。

最近では子供さんの数も少なくなり、施設の老朽化や維持管理に

多額の費用が掛かることが理由で自治体のプールを利用するとこ

ろもあるそうです。

その方が、経費節減になり安全管理、水泳の指導といった面でも

メリットが大きいのだとか。

昨日、テレビで放映してましたが小学校や中学校にこれだけプール

が設置してある国は少ないそうですね。

アメリカ、カナダ、中国などでもほとんどプールはないそうです。

プールといえば夏休みのプール開きはいつも楽しみにしていました。

奈良はほかに泳ぐところはありませんから。

どうして日本にはこれだけプールが設置してあるかというと「紫雲丸」

という船が衝突沈没事故を起こして児童がたくさん亡くなったことか

ら子供たちが一人でも自力で助かるように文部省の指導によりプールが

学校に設置されるようになったそうです。

島国ゆえかもしれません。

中国でも数年前に客船が沈没して被害者がたくさん出たことから水泳の

指導が重視されるようになったとか。(プールの設置率は1%だとか)

2018-07-22-08-56-27.jpg

事務所の玄関に葦簀を立てかけました。

朝から強い日差しが差し込むので立てかけてみましたが、これがなかなか

効果があります。

ここ数日、夜も寝苦しいですが皆さんはエアコンをかけたままで就寝され

ていますか。

自宅の周りが田んぼということもあって私はめったにエアコンをかけません。

というかまだこの夏エアコンを使っていません。

以前我慢できずにエアコンをかけて寝たところ翌日体調が悪く、朝から汗が

ダラダラになったので寝るときは使わないようにしています。

しかし、さすがにここ数日は厳しいですね。

今夜あたりは付けてみようかと思っています。