HOME  >  ブログ  >  軒の出

2018.08.22

社長ブログ

軒の出

夏になると直射日光が入るか入らないかで体感温度が

かなり変わります。

ある住宅メーカーのカタログに直射日光が家に入らない

軒の出が図解で掲載されているそうです。

夏至時、太陽高度が角度31度で軒の出が60センチあれば

直射日光は入らないという内容です。

しかし、夏で一番暑い時期は8月の上旬午後2時ころです。

その時の太陽高度は角度40度となり、そうなると軒の出

は1.2mくらい必要になります。

また、日影と日向とでは温度差は13℃あります。

軒の出が小さくなれば家に当たる直射日光は多くなります。

軒の出を小さくすればコストを下げることはできるかもしれ

ませんが、その温度差をエアコンで解消することになります。

暑い夏を少しでも快適に過ごすには風通しも大事です。

立地条件から風通しは期待できないこともあるかもしれません

が、東西・南北の窓の高さを変えることで自然と空気は動きます。

私の家の場合、西の壁に地窓があります。

床から30センチくらいの窓で、視線は気になりません。

夜はここから涼しい風が入ります。

東側の高い位置に窓があるのでそこに抜けるようです。

また、北側の地面と南側の地面とでは温度差が2~3℃あります。

この差でも空気は動きます。

そこへ、風上に植え木でもあれば涼しい空気が流れます。

樹木の表面温度は33℃を超えないので流れる空気の温度は33℃

以下になります。