HOME  >  ブログ  >  クロスと漆喰

2018.10.17

社長ブログ

クロスと漆喰

クロス下地のパテ処理をしています。

当社ではあまりクロスは使いません。

なるべく新建材やビニールの類は使わないようにしています。

クロスも紙やコットン系のものを使っています。

一時期、住宅の壁や天井はすべてクロスが普通でした。

しかもすべてビニールクロスです。

私の家は土壁で昔の造りの家なので真壁で壁は聚楽仕上げが

ほとんどです。

自分の家を建てた後にこの業界に入ったのでクロス貼りの家

を見てこんないいものがあるのかと思ったものです。

DSC_0006.JPG

しばらくクロス全盛の時代が続きましたが、シックハウスや自然

素材嗜好によって左官の壁がはやり出しました。

漆喰や珪藻土です。

どこを見ても、漆喰や珪藻土のメリットが謳われています。

確かにいいもので、当社も壁の仕上げはほとんどが漆喰です。

しかし、どれくらい普及しているのかというと今でも住宅の壁や

天井の仕上げにはほとんどクロスが使われています。

クロスの普及率は90パーセント以上と言われています。

これは漆喰のメーカーさんも言っていました。

私は漆喰や珪藻土がもっと普及していると思っていたのですが、

これは意外でした。