HOME  >  ブログ  >  数寄屋門

2018.10.26

社長ブログ

数寄屋門

数寄屋門の刻みをしています。

門の仕事はそうあるものではありません。

私がこの業界に入って初めて依頼を受けたのは20年

以上前のことです。

どうしたらいいのか分からず、またどんな門を提案し

ていいのかも思いつかず、既製品(既製品もあります)

のカタログを見てもらいながらその中から選んでもらっ

た方がいいだろうかなどと考えていました。

そうしたら施主さんが「柱が細い」「この木はなに」と

なり当時来てもらっていた年配の大工さんに相談したところ

「造ればいいじゃないか」とあっさり言われ造ることになり

ました。

大工さんでも数寄屋門は経験がないと造れません。

材料の寸法も教えてもらいながら発注しました。

施主さんもそれを聞いてすごく喜んでくれたのを思い出します。

門には柱の下に使う柱石や敷居の石、瓦、板金、銅の樋(竹節)

とどれも特殊です。

何戸か作らせてもらっているうちにコツも覚えて今では苦になら

なくなりましたが、やはり何でも経験ですね。

当社の今の設計も現場監督もいい経験になると思います。

それにしても、何よりそれを造れる大工さんがいるというのは

会社の財産でもあります。