HOME  >  ブログ  >  建ててから後悔すること

2019.06.22

社長ブログ

建ててから後悔すること

あるアンケートで「建ててから後悔したこと」の

1位が収納・間取り

2位が性能でした。

1位の収納・間取りですが住み始めて10年ほどすると

少し落ちつきますが20年ほど経過すると急に増える傾向

があります。

住み始めてすぐ「やっぱりこうしておいた方がよかったのでは」

といったことは誰しも感じると思います。

しかし生活するに従い慣れてくるのかもしれません。

ところが20年ほど経過すると後悔する人が増える傾向にあり

ます。

生活の様式に大きな変化が訪れる時期でもあります。

将来を見据えて間取りを考えてもやはり限界があるようです。

2位の性能。

寒い、暑い、風通しが悪い、暗い、結露があるといった部分の性能です。

今ではほとんどの家が高気密高断熱で温度環境的にはかなり性能がよく

なってきています。

ですから、これから先のアンケートでは減少するかもしれませんがまだ

一定の水準に達していない家があるのも事実です。

またこの性能自体が断熱材や断熱サッシを使うことで数値上の性能は示す

ことはできますが、実際の生活においてどう感じるかまではわかりません。

人の体感温度は様々です。

数値上の性能は大したことはなくても快適に感じる家もあればその反対も

あると思います。

しかし、今のところはその数値を参考にするしかありません。