HOME  >  ブログ  >  外壁 板貼り

2020.05.6

社長ブログ

外壁 板貼り

 

伝統工法の家ですが、外壁の1階部分は板張りに

なっています。

この上から縦に押し縁を売って仕上げます。

 

板貼りの上には鈑金の笠木がついています。

 

掃き出しサッシの戸袋も木製です。

2階の外壁は漆喰なので完成すればきれいな外観に

仕上がると思います。

 

こちらは10年ほど前に施工させてもらった「下見板張り」

と言われる外壁の仕上げです。

鎧に似ているので「鎧張り」とも言われます。

こちらは押し縁も簓子(ささらこ)と言って板の形状に合

わせて加工してあります。

 

現代の家は吹き付けやサィディングが主流ですが、こんな

仕上の家もいいです。

外部に木を使うと痛みやすいですが、雨ざらしにならなけ

れば経年劣化は20年で1mmとも言われます。

何より、工業製品と違って傷んでも木はいつの時代でもあ

ります。

 

昨日は5月5日、「子供の日」でした。

我が家では息子たちも大きくなって「子供の日」といっても

何もないですが、「鯉のぼり」を見なくなりましたね。

コロナのせい、子供が少ない、それともそんな風習はもう

ないのかな。

昔はあちこちの家で鯉のぼりが風になびいていたのを思い出

します。