HOME  >  ブログ  >  天窓をつけて明るく | 奈良の木の家工務店、輪和建設 部分的に屋根瓦をガラス瓦に置き換え、光を室内に取り入れました。

2024.07.8

家づくりのこと

スタッフブログ

古民家ブログ

天窓をつけて明るく

設計の阿部です。

桜井市の古民家改装工事が順調に進んでいます。

先日現場に行くと、天窓の設置が終わっていました。お客様はここで写真を撮るのに光を入れたいとのことで、部分的に屋根瓦をガラス瓦に置き換え、光を室内に取り入れました。最終的にはこの天窓に障子建具をはめてより柔らかで均一な光を取り入れる予定です。

 

現場では左官屋さんが丁寧に土壁部分を仕上げていました。部分的にあった天井を取っ払い広い空間に広げましたが、天井のあった部分から上は土壁そのままの仕上げでした。そこに他の壁と合わせて漆喰を塗っていきます。

 

現場は少し高度が高い場所にあるため、まだ暑さはましなほうですが、電気屋さんは床下に潜り配線作業を進めてくれています。廻りに山が迫っているため、どうしても湿気がたまりがちな場所にあることから、床下換気扇の設置を提案させていただきました。床下の状況をチェックしたり床下換気扇を管理するために、点検口も設置させていただきました。これから永く住まうことを考えて、家のメンテナンスもスムーズに進められるように配慮しています。

 

もうすぐ完成です。工事が始まった頃に生まれた門屋の燕たちも大きくなりました。お客様こだわりの桧の床板はまだ養生に隠れていて見えませんが、お披露目が楽しみです。

 

 


「吉野の木を伝統技法で建てる工務店」輪和建設株式会社では、永く健やかな暮らしを求め、自然素材にこだわった奈良の木の家づくりをしています。
奈良・大阪・京都他で注文住宅の新築、リフォーム、古民家再生、古民家リフォームの施工事例はこちら↓

施工事例を見る