HOME  >  ブログ  >  暮らしのインタビュー「畠田の家」

2019.12.17

コラム

暮らしのインタビュー「畠田の家」

格天井に鎧壁、和室から望む枯山水庭園…昔ながらの離れに心が和むこだわり尽くした和の邸宅

 

  • 自然素材で丁寧に仕上げた ゆったりとくつろげる木造の家

 

大阪や奈良へのアクセスも便利な王寺駅から南に向かって車を走らせ、

家々が建ち並ぶ、とある住宅地へ。

O邸は、その一番奥の広い敷地にゆったりと佇んでいます。

 

 

母屋のリフォームと離れの新築を手掛けた弊社。

Oご夫妻との出会いは、構造見学会でした。

 

その時ご主人は、松や杉、桧といった国産の無垢の木や職人手作りの建具など、

自然素材で丁寧に仕上げた「和みの家」と、何よりも弊社社長の人柄にひかれて、

輪和建設で家を建てることに決めてくださったそうです。

 

もともと木造の家が好きだったというご主人が決めたコンセプトは、

「ゆったりとくつろげる木造の家」。

 

大まかなプランを設定し、いよいよ工事が始まりました。

工事がスタートしてからも、お仕事柄よく利用されるという料亭や建築雑誌などを見て

いろんなイメージを膨らませたというご主人。

その都度、弊社社長や大工と相談し、計画を変更することも度々ありました。

 

  • 快適で楽しい暮らしのため、すべてのこだわりをカタチに

  • 平屋造りの離れには、広緑のある二間続きの和室とご両親の寝室があり、玄関ホールは格緑を格子状に組んだ格天井になっています。

     

    奥の和室には本格的な床の間も設けられ、

  • 天井板や欄間、床柱の杉、框床の欅などはすべて天然物。ご主人と社長が吉野まで足を運び、じっくり選んできたものだそうです。 

    ご主人がモデルルームで一目ぼれしたという大黒柱も、

    離れのシンボルとして圧倒的な存在感を放っています。

     

     

    渡り廊下でつながった母屋から見える天然杉の鎧壁も、もちろんご主人のこだわり。

    そこには格子窓や丸窓が配され、和の邸宅ならではの風情と懐かしさを漂わせています。

  • 洋の佇まいを残した母屋のリビングには、本格的な薪ストーブを設置。今回は、一家9人という大家族の食を支えるキッチンを筆頭に、快適で楽しい暮らしのためのリフォームにも力を入れました。

     

    実はこのO邸、取材当日はまだ工事の途中。

    これから、離れには枯山水式庭園と数寄屋造りの表門を、母屋にはシアタールームとウッドデッキを作る予定です。

     

    「私たちの希望を叶えるために、あれこれ悩んだり、変更したり…。

    そんな家づくりに、中西社長をはじめ、職人さん方はよくつきあってくれていると思います」

    と感謝の想いを語るご主人。

     

     

    ご主人と社長の家づくりはこの先もしばらく続きます。

 

≫「畠田の家」の施工事例はこちら